1945年~1969年

1945.8.15   祖国解放

1945~1946  則武をはじめ名古屋市の千種、築地、港、瑞穂、南陽、守山、春日井市の坂

       下、篠木、高蔵寺、鳥居松、小牧市、瀬戸市、一宮市、新川町、半田市、岡崎

       市、豊橋市の大崎、花田、向山、小坂井町など県下各地に国語講習所を設立

1945.9.25   則武朝鮮人学校開校(後の愛知朝鮮第一初級学校)

1945.10.8   半田朝鮮人小学校開校(後の愛知朝鮮第十初級学校)

1945.10.13 朝鮮千種学院開校(後の愛知朝鮮第二初級学校)

1946.2.1   港朝鮮人小学校開校(後の愛知朝鮮第三初級学校)

1946       瑞穂朝鮮人小学校開校(後の愛知朝鮮第四初級学校)

1946.2.16   大崎朝鮮人小学校(後の愛知朝鮮第十初級学校)

1946.2    守山朝鮮人小学校開校(後の愛知朝鮮第五初級学校)

1946       新川朝鮮人小学校開校(後の愛知朝鮮第九初級学校)

1946       岡崎朝鮮人小学校開校(後の愛知朝鮮第十三初級学校)

1946       小坂井朝鮮人小学校開校(後の愛知朝鮮第十四初級学校)

1946     築地崎朝鮮人小学校開校(後の愛知朝鮮第十二初級学校)

1946.4.1   朝鮮瀬戸学院開校(後の愛知朝鮮第七初級学校)

1946.4.10   愛知県朝鮮第八小学校開校(後の愛知朝鮮第八初級学校)

1946.11.11 坂下朝鮮人小学校開校(後の愛知朝鮮第六初級学校)

1947     則武朝鮮人小学校が中村区、西区の国語講習所を統合し、朝鮮中村初等学院に

         改称

1947.2    守山朝鮮学院(2階建て校舎)が守山市場に建設 

1947.4.1      朝鮮瀬戸学院が瀬戸市京町に移転、瀬戸朝鮮人小学校に改称

1947     春日井市関田町に鳥居松朝鮮人学校を竣工

1948.1.24   文部省学校教育長、朝鮮人学校設立不承認

1948.3    朝鮮名古屋市中村初等学校の新校舎を竣工

1948.3.17   朝鮮人学校閉鎖反対闘争各地で開始

1948.4.20   名古屋市布池に中部朝鮮中学校創立(現在の愛知朝鮮中高級学校) 

1948.4.24   阪神教育闘争

1948.10.5   朝鮮千種学院が名古屋市千種区豊年町へ移転(後に朝鮮愛知県第二小学校に

         改称)

1948.10.30 中部朝鮮中学校をはじめ小学校10校、同分校17校、中学校1校、計28校が

         愛知県知事から学校設置認可を受ける

1949.10.19 日本政府、朝鮮人学校に「学校閉鎖令」

1949.10    春日井地域の坂下、小牧の学校が閉鎖され鳥居松朝鮮人学校に統合

1949.11.20 朝鮮中村初等学院が名古屋市立牧野小学校の分校となる

1950.1    南陽朝鮮人小学校を港朝鮮人小学校へ統合

1950.3.2   朝鮮愛知朝鮮第二小学校が名古屋市立大和小学校の分校となる

1950.4    港朝鮮人小学校が名古屋市立西築地小学校の分校となる

1950.4    朝鮮中村初等学院に幼稚園を併設

1950.8    中部朝鮮中学校が知多郡大田へ移転

1951     日本の公立学校に特設学級(民族学級)が設置される(名古屋市 の白水小学校、

         岡崎市の広幡小学校、根石小学校、井田小学校、梅園小学校、大樹寺小学校

         宝飯郡の小坂井東小学校、小 坂井小学校、碧海郡の高嶺小学校

1951.4    守山朝鮮人学校を朝鮮愛知県第二小学校へ統合

1951.10    中部朝鮮中学校が春日井郡守山町に移転

1952.4.28   外国人登録法が公布施行

1952.4    朝鮮東三学院を豊橋朝鮮中学校に改称し、中等教育を開始

1953.4.1   中部朝鮮中学校が中川区十一番町へ移転、高級部を併設し中部朝鮮中高等学

                  校に改称

1954.4    守山朝鮮学園が愛知朝鮮第5初級学校に改称 

1955.7.17   愛知県朝鮮教育会、愛知県朝鮮教職員同盟結成

1955     朝鮮学校のカリキュラムと教科書改編

1956.4    県下の各初級学校を愛知朝鮮第一初級学校~愛知朝鮮第十一初級学校に改称

1956.9    中部朝鮮中高等学校が名古屋市北区黒川へ移転、愛知朝鮮中高級学校に改称

1957.3    豊橋朝鮮中学校廃校

1958       新校舎を竣工。校名を愛知朝鮮第七初級学校に改称

1959.4.1   愛知朝鮮第八初級学校に幼稚園を併設

1959.4    愛知朝鮮第十初級学校に中級部を併設、豊橋朝鮮初中級学校に改称 

1959.9    豊橋朝鮮初中級学校を豊橋市柳生町へ移転

1959.9    伊勢湾台風により第6初級学校が全壊。祖国からの教育援助費で新校舎建設

       に着手 

1960.2    愛知朝鮮第六初級学校の新校舎竣工

1960.3    愛知朝鮮第一初級学校の新校舎竣工

1960.4    愛知朝鮮第四初級学校の新校舎竣工

1960.4.1   愛知朝鮮第二初級学校に幼稚園を併設

1961.5    愛知朝鮮中高級学校が愛知県豊明市栄町南舘55へ移転

1961.9.8   愛知朝鮮第二初級学校の新校舎竣工

1962.8.15   豊橋朝鮮初中級学校の新校舎竣工

1963.3    愛知朝鮮第一初級学校付属幼稚園の新校舎竣工

1963.12    愛知朝鮮第三初級学校が名古屋市港区九番町へ移転

1963       朝鮮学校のカリキュラムと教科書改編

1964     愛知朝鮮第七初級学校に幼稚園を併設

1965.12.28 日本文部省次官が「朝鮮人のみを収容する教育施設の取り扱いについて」

                   (「文普振第210号」)を各都道府県教育委員会及び各知事に通達

1966.2     愛知朝鮮第三初級学校が分校から独立して自主校となる

1966.3   愛知朝鮮第一初級学校が分校から独立して自主校となる

1966.4.1  愛知朝鮮第二初級学校が分校から独立して自主校となる

1966.4        愛知朝鮮第五初級学校と愛知朝鮮第六初級学校が統合、中級部 を併設し、東春

        朝鮮初中級学校に改称

1966.5.5  東春朝鮮初中級学校が春日井市弥生町へ移転

1967.2.14  愛知朝鮮学園の学校法人及び愛知朝鮮第一初級学校、愛知朝鮮 第二初級学校、

        愛知朝鮮第三初級学校、愛知朝鮮第四初級学校, 愛知朝鮮第十初級学校の 設置

        認可を取得

1967.3.31  豊橋朝鮮初中級学校、東春朝鮮初中級学校の設置認可を取得

1967.4        愛知朝鮮第三初級学校に幼稚園を併設

1967.5   東春朝鮮初中級学校が春日井市弥生町(現住所)に新校舎落成 

1967.6.29  愛知朝鮮第九初級学校の設置認可を取得

1967.7.28    愛知朝鮮第七初級学校の設置認可を取得

1967.10.22 現校舎を瀬戸市西茨町に新築 

1967.12.16  愛知朝鮮第八初級学校の設置認可を取得

1967           愛知朝鮮第七初級学校の新校舎竣工

1967      外国人学校法案が「学校教育法一部改正案」として国会に提出され、反対運動

          によって廃案

1968.4.17  朝鮮大学校が法人認可を取得

1969.4   東春朝鮮初中級学校に幼稚班併設